スピーキング評価

日本語の説明書

数分だけで自分の話す能力を見出します

テストを実行するには以下のものが必要です:

  • 安定しているインターネット接続
  • 静かに15分程度過ごせる環境
  • マイク付きのヘッドセット
    テストは三部に分けられています:
  1. マイクのチェック、3つの質問
  2. 聞いて繰り返す、30ー40の質問
  3. オープンレスポンス、3つの質問

本人確認

本人確認

あなたが本試験の対象者であること、および要請に応じて本人確認の証拠となるものを提供できることを確認してください。

以下を確認します。

  • 私は本試験の対象者である[Name]です。
  • 私は要請に応じて[Account]に対して公式の写真付き身分証を提供できます。

誠実性の合意

誠実性の合意

以下を読み、全ての試験時間中に以下に従うことに同意する旨を確認してください。

  • 静かな部屋で自力で取り組む
  • その他の電子機器の電源を切る
  • 他のアプリおよびブラウザーのタブを閉じる
  • 作業場に物を置かない

以下に従うことに同意します。

  • 静かな部屋で自力で取り組むこと。
  • 他のあらゆるアプリおよびブラウザーのタブを閉じること。
  • その他の電子機器の電源を切ってそばに置かないこと。
  • 作業場に物を置かないこと。

注意:[Account]は試験中に収集されたデータを受け取り、これらの条件が満たされたかを確認します。

第2部の回答方法:自由回答形式

第2部の回答方法:自由回答形式​

お疲れ様です!あともう少しで終了です。

  • 次の数問では、自身で質問に回答してその音声を録音します。
  • 30秒考える時間が与えられ、その後60秒間回答できます。
  • 回答済みとするには少なくとも15秒間回答する必要があります。より長く回答することで、より正確に分析できます。

この部の所要時間は約5分です。

ライティング評価

日本語の説明書

数分だけで自分の話す能力を見出します

テストを実行するには以下のものが必要です:

  • 安定しているインターネット接続
  • 静かに15分程度過ごせる環境
このテストは2つのパートから構成されています

マイクのチェック、3つの質問
聞いて繰り返す、30ー40の質問

自由回答式記述の指示

自由回答式記述の指示

自由回答式記述では

  • プロンプトが表示されます。ここでのタスクは、このプロンプトに対する回答を記述することです。
  • 1分でプロンプトを確認し回答を考え、8分で回答を記述することが求められます。
  • 分析には少なくとも120語が必要です。記述量が多いほど、分析はより良いものになる可能性があります。